本日の沖縄は荒天でございます。
降ったり止んだり、
時に激しく降ったり、
今は風がかなり強いです。
雨は好きではないので、こういう日は家の中で大人しくコーヒーを飲むのです。

低気圧には弱いのです。


さて、今日帰宅するとoggiの出版社から
壊れていた万年筆の代わりの万年筆が届いていました。
土日明けに届くとは、さすが小学館さん。
仕事が早いですね。


ちなみにoggiの万年筆が壊れていた話はこちら。
「oggiの付録の万年筆!」


さて、さっそくインクを入れてみたいと思います。

まずは外観から。
IMG_5452.jpg

白いボディは他に持っていないですが、
きれいですね。ちょっとレザー調になっていて、
網目のようなシャドーが入ってます。

長さはth.INKと比べるとこのくらい。
IMG_5453.jpg

普通のサイズですね。

ちなみに飾り金具のところにメーカー名「theory」と書いてあります。
僕はこのメーカーを知らなかったのですが、
妻は知ってました。洋服のブランドなんですねー。
IMG_5455.jpg


キャップを外してみました。
ペン先はこのようになっております。
IMG_5460.jpg

LAMYのSafariやペリカンのth.INKのような何も書いてないシンプルな鉄ニブもいいですが、
こういう装飾の施してあるニブはやはり見ていてきれいですよね。

IMG_5464.jpg

ばらしてみました。
今回は全く壊れる気配なし。よかったー。

一番手前の短いカートリッジが2本ついてたのですが、
ペリカンのロイヤルブルーのロングカートリッジがあったので、
これを入れてみます。
今回はコンバーターではなく、カートリッジで。

差し込みます。
IMG_5465.jpg

えいやっと。

IMG_5466.jpg

差し込みました。

さっそく試し書き!
ペンのタッチ(固さ)、フローの良さ、
それからペリカンのロイヤルブルーの裏抜け・にじみチェックも出来ますね(笑)

ノートはLIFEのノーブルノート。
IMG_5468.jpg

インクフローはすごく良いです。かすれる気配すらないですね。
ニブはMだと思われます。
鉄ニブですが、全く固さを感じないのはニブの太さとフローの良さでしょうか。
これはいい。

780円でこれはお買い得ですよ。
もう一本欲しいな(笑)

ただ、使い始めだからか、めちゃくちゃにじむんですよ!
にじむわ裏抜けるわ・・・

IMG_5469.jpg

ノーブルノートはかなり紙厚なのですが、
それでにじむとは・・・

と思っていたら、下の方は裏抜けがないんですよね。
ということで、もうしばらく書いてみることにしました。

IMG_5471.jpg

IMG_5472.jpg

裏抜けもにじみも無くなりました~。

これは使いやすい。
色もいい色です。ちょっと水っぽいインクなのかな?
(水っぽいと言っても薄いわけではなく、粘性が低いという意味で)


いきなりほぼ日で試すのはちょっと勇気がいるので、
同じトモエリバーのジブン手帳「IDEA」で試し書き。
(上の写真の中で「LIFE」で試し書きをする、と書いてありますが誤りです)

IMG_5473.jpg

にじみなし。素敵ですね。

IMG_5474.jpg

抜けも無し!
ほぼ日でも使えそうです。


インクはともかく、oggiの万年筆は良いですよ。
キャップがどっしりと重いので、インクが乾燥してしまうのも防げそう。
それだけにキャップを開けるのにちょっと力が入りますよ(笑)
固くて開かない、というほどではないですが。

キャップが重いのでペン尻につけると重いかもしれません。
IMG_5475.jpg

書いてみましたがちょっと重く感じました。
付けなくてもいいかな。
フローよし、書き味よし、重厚感あり(安っぽくない!)と
三拍子そろってます。
これで雑誌込み780円って安い。安いですよ絶対!

これで我が家の万年筆は7本目。
おぉすごい。


今日はさっそくほぼ日にこの万年筆で書き込みをしたいと思います。
やった。