3連休の中日も終わろうとしていますね。
こんばんは。

あと1日休みがあるなんて素敵ですね〜♪

それでは、この3連休の目玉、
EDiTの中身をご紹介していきましょう。

EDiTというと、ほぼ日手帳と比較して「どっちを使うか」みたいな感じの方が
かなり多いのではないでしょうか。
沖縄はLOFTがありませんので、残念ながら実物での比較が出来ないんですね。


まぁとりあえず中身をガシガシとご紹介します。
IMG_9447.jpg
じゃじゃーん。
まずはパッケージを開ける前です。
IMG_9445.jpg
そしてここまでは昨日載せましたね。
新しい紙、「NEO AGENDA Ⅱ for EDiT」。
ずいぶん押してますね。
裏抜けしにくい、インクの乾きが早い、なめらかな書き心地。
まさに理想的な紙です。

質量が3%軽くなり、
不透明性(裏抜けのしにくさ)が6%向上し、
滑らかさが2倍になり、
紙の強さが16%も向上したんだそうです。
まぁそりゃぁ天下の王子製紙ですからね。
期待大です。

IMG_9449.jpg

大きさはこのくらい。A5サイズですね。
僕の初代モレスキンよりちょっと大きめ、
使用中のRHODIA・ウェビーと同じサイズです。
全体の厚さはもちろん厚いですね。
1日1ページですから。枚数的には倍近いんじゃないでしょうか?
365日÷2(両面)=182.5枚に、毎月のカレンダーやノートページもあるので、200枚くらい。
モレスキンとウェビーは100枚弱ですからね。
でも、厚さは2倍もありません。相当紙が薄いんですね。

IMG_9451.jpg

さまざまなカバーがあるんですが、革っぽい表紙の「スープル」を選びました。
色はアプリコットオレンジ。
値段も買いちゃってますね。4800円です。

うん、高い(苦笑)
IMG_9452.jpg

使い方などなどが書いてありますね。
僕の大好きなドット方眼です。
素敵だー。


IMG_9455.jpg
取り出すとこんな感じ。
表紙の手触りも良し!という感じです。
モレスキンより表紙は薄いですね。薄手な感じです。
でも割としっかりしています。

IMG_9456.jpg

中にはHOW TO USE(使い方)の紙が。
IMG_9457.jpg

左側に時間軸が縦に、下の方にメモ欄が。
ほほう。

IMG_9459.jpg

2015年までのカレンダーがあります。
前の年度(2013)のカレンダーがあるのは、地味に助かるところですね。
あまり無いからありがたいです。

IMG_9460.jpg

1年をバーティカル(縦)に。
これも一目で予定がわかるので便利。僕も自分で作ってます。

IMG_9461.jpg

1年間のビジョン、1年のプラン、各付きのスケジュールを各ページが。
一年の計は元旦にあり!とでもいうところでしょうか。

IMG_9462.jpg
右ページのアップですね。

IMG_9463.jpg
これは左ページのアップです。

IMG_9464.jpg
マンスリー。ちゃんと祭日も入ってます。

IMG_9465.jpg
2015年の1月までカレンダーはあります。

IMG_9466.jpg
その月の最初に、
「テーマ」「予定」「出費」「記録」があります。
こういうページは便利ですよね。
カレンダーのみではなく、それ以外に今月にやることとかをあらかじめ書いておけます。

IMG_9467.jpg
左ページアップです。

IMG_9468.jpg
右ページアップです。

IMG_9469.jpg
で、メインのダイアリーページ。
1日1ページです。
割とシンプルですね。
IMG_9470.jpg
上の方に各国の祭日が小さく入ってるんですよ。
あとは天気と気温。
IMG_9471.jpg

IMG_9472.jpg
一番下に有名人の誕生日が書いてあります。
「ONE PIECE」の尾田栄一郎氏の誕生日は元旦なんですか?知らなかった。
僕よりちょっと歳上なんですね。


ちなみに僕の誕生日は「水曜どうでしょう」のミスターこと鈴井貴之氏、
元サッカー日本代表監督のイビチャ・オシム氏、
DREAMS COME TRUEのボーカル、吉田美和さんと同じです。
ミスターさんと同じというのが何かうれしいですね。

IMG_9473.jpg

右上のカレンダーには、今何週目なのか分かるように網掛けしてあるんですね。
これは便利。

IMG_9475.jpg

最後にはノートページもあります。

そのあとはアドレス帳、各国の地下鉄の路線地図などがありました。
いろいろな国の祭日などもあるので、
海外旅行にも連れていけますね。


で、おしまい、と。
IMG_9477.jpg

ちゃんとゴムで閉じれるようになっているので良いですね。

IMG_9478.jpg

押し印でEDITと。素敵ですね。

さて、全部ひと通りご紹介したところで
(というか自分たちでも全部確認したところで)
そろそろ試し書きをしてみようじゃないか、ということで


試し書きをしてみました。


NEO AGENDA Ⅱ for EDiTの実力やいかに!?
何しろ「裏抜けしにくい」「インクの乾きが早い」「なめらかな書き心地」。
まさに理想的な紙ですからね。

質量が3%軽くなり、
不透明性(裏抜けのしにくさ)が6%向上し、
滑らかさが2倍になり、
紙の強さが16%も向上したんだそうです。
まぁそりゃぁ天下の王子製紙ですからね。
期待大です。

じゃじゃーん!!
IMG_9479.jpg

使用ペンとインクは上から(見ての通りなのですが)
・LAMY Safari Mニブ インク:LAMYカートリッジインク・ブルー
・無印 万年筆 Fニブ インク:OHTOカートリッジインク・ブラック
・ペリカン th.INK Fニブ インク:セーラー顔料ナノインク「青墨」
・PILOT CUSTOM74 Fニブ インク:プラチナ超微粒子顔料インク「ブランセピア」

そして
・ぺんてる エナージェルユーロ 0.7mm 黒

です。

ちなみに使用中のRHODIA・ウェビーでは全部裏抜け無し。
無印良品の「開きやすいノート」「ダブルリングノート」も裏抜け無しです。

前にほぼ日の紙をいただいてテストした時も万年筆たちは裏抜けなしでした。
エナージェルユーロは裏抜けしてましたね。

その時の結果はこちらへどうぞ。


さて、NEO AGENDA Ⅱ for EDiTの実力やいかに!?


IMG_9480.jpg

どーん!!


あれっ!?


全部裏抜けしてるじゃないですか!!!


IMG_9481.jpg
ドアップにしても、やはりばっちり裏抜け。

「紙が薄いから裏面に書いた内容が透けて見える」
とか言う問題じゃないです。
まるで油性ペンで書いたんじゃないか?というくらいの抜けっぷり。


僕のハズレロットのモレスキンで絶対に裏抜けなかった、
ブランセピアですらガッツリ裏抜けてます。


うおー・・・・・


4800円もしたのに!!!!!


こんなんじゃまったく使い物になりません。
「裏抜けするから右側のページだけ書こーっと」という作戦も、
1日1ページと決められてしまっているレイアウトでは、出来ないわけです。


ぎゃー。


ボールペン(ジェットストリーム)では全く裏抜け無かったので、
ボールペンを使う方は全く問題ないと思いますが・・・

万年筆だとモレスキンでも裏抜けないと評判の顔料インクたちが
ことごとくダメだったとは・・・・


ショックがでかすぎます。

今妻は無印の「開きやすいノート」を使っているのですが、
そちらの方が裏抜けせずに使えるので便利そうです・・・

ショックすぎる。



ということで、昨日はものすごく久しぶりに
購入したものに対して憤りを覚えた1日でした。

まぁ、ネットでの評判とかを調べずに買った僕らも悪いと言えば悪いのですが、
それにしても、HPで流している映像でもLAMYの万年筆使ってるのに、
万年筆が全部裏抜けするとは!


むむぅ。


試し書きの紙はしっかりと確認したほうが良いですよ。
まぁ昨日書いたとおり、どちらが新しい紙なのかわからないレイアウトになっているので
非常にわかりづらかったというのはあるのですが・・・・
Mark'sさん、試し書きの紙はとりはずせないように、ぜひ改善して下さい。



ということで、EDITに万年筆で書こう!と思っている方、
要注意です。



明日はEDITについて、おまけを書こうと思っておりますので
そちらもお楽しみに。
あと、明日買い物に行った時に買おうと思っているものがあるので、
もし運良く手に入ったらそちらもご紹介します!
手に入るといいなー。





なお、
今日の記事はEDITおよびMark's Inc様に対して誹謗中傷するための記事ではございません。
万年筆で書くのは良くないよ、という注意を喚起するためと、
我が家の失敗談を書いたものです。
ページレイアウトや中身に関しては非常に素晴らしいので、
何とか使えたらいいなとは思っているのですが・・・

普通のボールペンなら全く問題なく書けますので!
ボールペンで書こうと思っている方にはかなりオススメです。
Mark'sのHPでは「フリクション」「ジェットストリーム」「ゲルインクボールペン」の3種類は
裏抜けせずにバッチリ書けますよ!というテスト結果が載っていました。



それでは、明日も良い1日をお過ごしください。
あ、初トラックバックしていただいてますねー。