さてさて。

先週の土曜日のお話。

買い物のついでに必要な物があったので(これは後日)、
近所のTSUTAYAに寄りました。
本・文房具・レンタル系が全部揃ってるTSUTAYAで、
なかなか便利なのです。

そこではいつも、
文房具→文具雑誌→マンガの順で回るのですが、
文具雑誌のコーナーでこれを発見してしまったのです。

3faa1d3f.jpg


「趣味の文具箱・Vol.26」。

思わず買ってしまいました。

実はVol.25は僕の故郷・横浜の誇る
ホテル・ニューグランドが載っていたので、
そちらも欲しかったんですけどね。
今日は最新号にしてみました。

帰ってモレスキンの最後のページを書きつつ、
ペラペラとめくっていると、
妻がこんなページを発見。

「透明感を愛でる万年筆」。

0aa5f9e0.jpg


スケルトン、今までは全然魅力を感じなかったんですが、
コンバーターでいろいろな色を入れるとすごくいい感じ。

f4cfac16.jpg


そういえば、ラミーのサファリにもスケルトンがあるじゃん!

ということで、翌日早速那覇の文房具屋を見に行くことに。
最初に行こうと思っていた文房具屋が日曜で定休でして、
それならばと、国際通りの入口辺りにあるデパート・りうぼうへ。


ありましたー。
ラミー・サファリ、スケルトン!!

EFとFのニブを試し書きさせてもらって、
妻がどっちがいいか悩んでいる間に

「Mはないですか?」

と聞いてしまう僕。


「Mは・・・在庫はありますねー。
試し書き用はスケルトンじゃないですけど」ということで、
Mで試し書き。
ぬらぬらとして書き心地が非常に魅力的!!!

我が家にある僕のカスタム74がFニブなので、
むしろ太いやつを!ということで、
Mニブをお買い上げ。
一緒にインクも買おうと思ったのですが
なかなか気にいるものがなく、その日は断念。

ということで帰宅して妻がLAMYの開封の儀!

e13545c4.jpg


じゃーん。

ee1093c5.jpg


じゃじゃーん。

43121630.jpg


コンバーターも買いました。

e61d10c3.jpg


鉄ニブですねー。


b86e48a7.jpg


とりあえずはカートリッジインクで

f6daabf7.jpg


取付作業を

9590ebed.jpg


じゃじゃーん。

7d335ae7.jpg


できましたー。

9e412afa.jpg


全然太さが違いますね。

僕も借りて書かせてもらいましたが、
ヌルっとした感じが非常に書きやすいです。
するするとインクが出る感じですね。

EFはやっぱりちょっと引っかかる感じがしたし、
FもこのMニブに比べるといまいち。

僕も次に万年筆を買うときはちょっと太めにしようっと。
もともと太いペン好きだし。

海外のニブはワンサイズ近く日本のものより太いと聞いたことがありますが、
このラミーのMは日本で言うBくらいなのでしょうか。
でも書きやすいし不便は全く感じません。

いいですねーLAMY。
そしてスケルトンいいですね!!

ペリカンからもM200デモンストレーターとかあるんですね。
値段も手頃。
ほほーう。

さてさて。
今日はこの辺りで。

週末にインク探しに行ってきます。
黒とブルーブラックはあるので、
それ以外の色を。